CHECK

家族葬にはわからないことがたくさん!家族葬のよくある疑問を徹底的に解決

こちらのサイトは、家族葬のよくある疑問を解決できるようなコンテンツを用意しています。規模が小さなお葬式などのような認識があるけれども、実際に執り行うとなると何から始めれば良いのか分からない、中でも参列して貰う人の範囲をどのように決めれば良いのか分からない人は多いといえましょう。なお、故人との関係性を重視したい人やごく内輪で静かなお葬式を希望する人などに最適なスタイルです。また、準備にかかる時間を短くできるメリットもあります。

家族葬にはわからないことがたくさん!家族葬のよくある疑問を徹底的に解決

ここでは、家族葬には分からないことが多数あるのでよくある疑問をまとめました。
最近は、家族葬を行う人も多くなっているので、親族に家族葬で行うことを伝えればそれが良いと答える人も少なくありません。
しかし、中には昔ながらの一般葬を希望する大勢の参列者に来て貰い盛大に行うのが良いなど、このような考え方を持つ人も存在しているので事前に身内でしっかり話し合いを行って全員が納得した上で家族葬で行うなどの進め方が大切です。

感染症が流行している時期は静かな家族葬がおすすめ

感染症が流行している時期は、感染症予防対策としてお葬式は「家族葬」がおすすめです。
家族葬は亡くなった方の家族や親せきなど、ごく限られた人数のみで葬儀を執り行います。
一方、一般葬の場合はご遺族や親族はもちろん、故人とお付き合いがあった友達や仕事関係の方、ご近所の方にお世話になった方など不特定多数の人が大勢参列します。
集まる人数が増えれば増えるほど、感染症予防対策は難しくなってしまうので一般葬を、感染症が流行している時期に執り行うというのはリスクが上がると言えるでしょう。
家族葬の場合はごく限られた人数のみで故人をお見送りするので、発症のリスクは下がります。
もちろん参列する人数が少ないからといって手指消毒をしないなど、予防対策を全く行わないのは危険です。
できる対策をきちんと行っておけば、感染するリスクを抑えることができます。
感染症が大流行している近年は、このような背景もあり家族葬に注目が集まっています。

家族葬は一般的なお葬式よりも安い?

規模が大きくなってしまうケースが多い一般的なお葬式よりも、家族葬はコンパクトでまとまりのある形のお葬式となります。
そのため、安く収まるケースも多いため、家族葬を選択したい方もたくさんいます。
比較を行っていくときにネットで家族葬のプランを選択することもできるなど、違いを知ってから申し込むことができます。
さらに今の時代はネットサービスも充実しているため、準備にかかる負担も軽減できるようになります。
葬儀会社もネット対応のサービスが増えており、ホームページがあるだけではなく、問い合わせフォームから質問できるなどネット対応スタッフもいます。
資料請求もホームページからできるので、資料請求の申し込みをした後に、すぐに資料が届くので簡単です。
資料請求による割引クーポンが用意されていたり、スマートフォンを使う方も多いため、チャット形式での質問や回答など、やり取りも簡単になります。
喪中はがきに関しても、お葬式の時に考えていく必要がありますが、ネットプリントサービスがありますし、デザインもテンプレートを選択して作れます。

家族葬専用のコンパクトな施設はある?

一般葬の場合には家族や親戚だけではなく、地域や会社を含めて亡くなった人と社会的なかかわりのある多くの人たちが聴聞に訪れます。
このことを踏まえて、葬儀会場には数百人程度のキャパシティをもつ公営斎場や民間のセレモニーホールを選ぶのがふつうであり、メインの会場のみならず、駐車場や受付などのバックヤードにあたる部分にも気を使わなければなりません。
またこのような大規模な葬儀会場を選んだ場合には、祭壇なども会場の規模にあわせ豪華で大きなものとすることが望ましく、それだけ料金も高くなることが見込まれます。
逆に家族や親戚などのごく少数の参列者を想定した家族葬の場合には、よりコンパクトな施設のほうがふさわしく、金銭的な負担も少ないといえます。
実は家族葬を専門としている葬儀社のなかには、小規模な葬儀に適したコンパクトな施設を所有しているところがあり、依頼をすれば予約の手配をしてもらえます。
小規模ではあってもメインの会場や受付、導師や関係者の控室をはじめとするさまざまな設備がそろっています。

家族葬を希望する場合は生前家族に伝えておくのが理想的

お葬式には色々なスタイルがありますが、近年注目を集めているのが「家族葬」です。
この方法を希望する場合は、生前家族に「自分が亡くなったらお葬式は家族葬で執り行いたい」と、希望を伝えておくのが理想的です。
なぜ事前に伝えておく必要があるのかとうと、人によってはまだまだ、このスタイルのお葬式が浸透していないためと言われています。
日本では一般葬が今までの主流でした。
多くの参列者が故人をお見送りするスタイルです。
特に高齢者の方は、お葬式と言えばまだまだこの一般葬というイメージが根付いています。
一方、家族葬はというと故人の家族と親族と、ごく限られた人数で執り行います。
一般葬と同じようにお通夜も告別式も執り行うのですが、場合によってはしっかりとしたお葬式ができないと感じる方もいるようです。
のちのちトラブルとならないよう、家族や親族に家族葬にしたいと希望を伝えて、できるなら内容なども教えておくと良いでしょう。

家族葬は家族だけで最後のお別れができる

家族葬は基本、家族だけで故人との最後のお別れをすることができるお葬式の新しいスタイルです。
日本国内で葬儀といえば、約8割が仏式スタイルです。
仏式スタイルのお葬式はこれまで一般葬が主流でした。
一般葬の場合、故人のご遺族や親族はもちろん、友人にお仕事関係でお付き合いがある方、ご近所の方に故人にお世話になった方など、様々な交友関係のあった方が参列します。
ご遺族は数多く集まった参列者への挨拶などに時間を取られてしまい、亡くなった方とのお別れの時間をなかなか取ることができません。
ご遺族がご高齢だった場合、対応だけで体力的にも負担となってしまいます。
家族葬の場合は、参列者の人数がごく限られているので、対応に追われることがなくゆっくりと別れの挨拶をすることができます。
本当に身近な人と故人の思い出などを語り合い、感謝の気持ちなどを故人に伝えたいという場合、対応に忙しい一般葬よりも家族葬のほうが向いているかもしれません。

家族葬は常に故人と家族が主役なので安心できる

最近、家族葬が多くなりました。
昔の大きなお葬式では、遺族の方はとても忙しくて亡くなった家族とゆっくりお別れする事も出来ませんでしたが、家族葬なら故人と家族が主役なので心ゆくまで故人とお別れする事が出来ます。
参列者も親族や親しい知人だけなので参列者も少なく、気を使う相手もいません。
しかし家族葬と言っても一般葬と同じく通夜や葬儀、告別式を行います。
きちんと故人を見送る事が出来るので安心して下さい。
しかし一般葬と違って、家族や親しい知人、親族と故人の思い出話に花を咲かせた、ゆとりを持ったお葬式ができるでしょう。
葬儀のスタイルも自由なので、故人が好きだった花やお酒を飾ったり、亡くなった家族を主役にした葬式を行う事が出来るのでおすすめです。
また一般葬よりも費用を抑える事が出来るので家族葬を選ぶ人も多くなってきました。
もし興味があるのなら、葬儀会社に見積りをお願いしましょう。
葬儀の流れなど分からない事があればスタッフに聞く事が大切です。

家族葬は気を使って会話をする必要がない

家族葬に参列するのは家族や近くの親戚などのごく親しい人たちだけです。
まれに亡くなった人の友人・知人レベルまで参列することもありますが、いずれにしても亡くなった人をよく知る人たちばかりであり、一般葬のように見ず知らずの人が葬儀会場を訪れる心配がありません。
一般葬の場合であれば、会社の同僚や上司、地域の自治会の人たち、学校の同窓生や恩師などといった、遺族にとっては日頃から親しいわけではない人たちが多く訪れるのがふつうです。
その結果として会葬のお礼などの社交的な会話にかなりの時間を取られてしまい、心から故人を偲ぶいとまもなく、時間だけが過ぎていってしまうことも多いものです。
なかには会社の社長や国会議員などの社会的な地位の高い人たちもいるはずですので、会話にも気を使うことが多く、心身ともに疲れてしまいます。
家族葬であればそのようなこととは無縁ですので、リラックスした雰囲気で故人へのお別れをすることができます。

家族葬なら挨拶なしでも問題ない

一般葬の場合には、葬儀のなかで喪主が参列者に対して挨拶をするのがふつうであり、このなかにはわざわざ参列してくれたことへのお礼のことばとともに、喪主と故人との関係や故人が亡くなった日時や理由を示したり、故人の生前のようすを偲ぶことばが含まれます。
一般葬には家族や親族のほか、会社や学校、地域の人たちなどのさまざまな弔問客が訪れることから、社会的な儀礼のひとつとして挨拶は欠かせないといえます。
しかし家族葬の場合は家族や親族レベルのごく少数かつ親密な関係の人たちだけで執り行われることから、場合によっては挨拶なしであってもそれほど問題はないといえます。
もちろん家族葬であっても喪主の発言があるほうがふつうですが、なかには挨拶が苦手な人もいるはずですので、そうした場合にまで無理を承知で行う必要はありません。
もしも挨拶なしで済ませるのであれば、葬儀社を経由して別に司会を依頼しておき、司会の発言のなかに参列へのお礼などの最低限の内容を含めておくとよいでしょう。

家族葬は必要以上の段取りがないので忙しい家族に向いている

家族葬は、必要以上の段取りがないので忙しい家族に向いている葬儀です。
一般葬は、通夜と告別式に弔問及び参列する人が何人来るか不明瞭であるだけでなく、遺族が誰か判別する事ができない弔問客や参列者が多いので対応に苦慮して精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまいます。
その為、一般葬では、通夜や告別式を無事執り行う事が目的になっており、1番故人を偲び弔うべき遺族が忙しく故人を弔えていない本末転倒となっていました。
背景には、人の死すら如何に金儲けに繋げるかを追求した葬式仏教の拝金主義があり、孝心を示そうとすればするほど高額な費用が必要となります。
家族葬は、小規模かつ簡素な葬儀で経済的負担が少ないだけでなく、気心の知れた人達だけで執り行うので遺族が故人をゆっくりと偲べしっかりと弔う事ができます。
本当の意味で故人を弔いたなら、従来の葬式仏教の戒名や読経などの無意味な慣習を排除した自由な葬儀にオリジナリティを求めるべきです。

家族葬に関する情報サイト
家族葬の疑問を解決!

こちらのサイトは、家族葬のよくある疑問を解決できるようなコンテンツを用意しています。規模が小さなお葬式などのような認識があるけれども、実際に執り行うとなると何から始めれば良いのか分からない、中でも参列して貰う人の範囲をどのように決めれば良いのか分からない人は多いといえましょう。なお、故人との関係性を重視したい人やごく内輪で静かなお葬式を希望する人などに最適なスタイルです。また、準備にかかる時間を短くできるメリットもあります。

Search